もっと知っておくべき
化粧品の化粧水の力


もっと知っておくべき化粧品の化粧水の力

手かコットンか

化粧水を大量に使う人もいますが、いったいどんな方法で使っていくのがいいのかも考えておかなければいけないポイントです。基本となるのは、化粧品メーカーが指示している方法にすることでしょう。収れん化粧水のようなものを大量につければ、これは刺激が強すぎます。使い方を知っておけば、こうした間違いもなくなるのですから、指示は守ることが大切です。

手で付ける方法の場合、肌に負担をかけません。化粧水が手の温度で温められるため肌に浸透しやすくなると考えられていますが、それならば化粧水自体の温度をあげてしまえば同じになるでしょう。何よりも、肌を直接触るため、状態の確認ができるところにあります。そのかわりに、細かに染み込ませるのは苦手でむらが出るのはデメリットです。手で注ぎ口を触れる可能性もあり、雑菌の繁殖という問題もあります。

コットンを使うというのも理に適っていますが、なによりも均一になじませることができるでしょう。軽くたたくようなパッティングをすることで、血行の促進を狙うこともできます。そのかわり、肌に異物が触れるため、人によっては肌荒れを起こすことがありますし、摩擦で傷をつけてしまうことも考えられます。どちらも使い方がありますので、自分に合った方法を考えるのも大切です。